概要と特徴について

Webページの公開に際して、「CMS」を利用すれば、コンテンツの作成・管理を容易に行なうことが可能になります。CMSは、Contents Management System(コンテンツ管理システム)の頭文字を取って略した呼び方です。

CMSは、HTMLなどの専門知識が無くても、Webサイト上のコンテンツを管理することのできるシステムです。ひと口にCMSと言っても、無償で提供されているものから、大規模サイトの管理も可能な高価格帯のものまで、幅広い価格設定のなされた製品があります。

HTML言語を用いてWebページを作成し、情報更新のたびにファイル転送ソフトなどによるアップロードをする、という方法でWebページの公開・管理を行なうためには、それなりのエネルギーと知識が必要とされます。

また、掲示板などのWebアプリケーションを導入するにしても、アプリケーションを設計し、PHPなどの言語を用いてプログラムを実装する、もしくは公開されているサンプルプログラムを探し出す場合、それだけの労力・知識が必要になります。特に、自分でプログラムを実装する場合には、HTMLの知識だけではなく、プログラミングの知識も必要とされます。