cmsによるHP作成

「cms」は、Contents Management System(コンテンツマネジメントシステム)の略称で、Webページ公開にあたって、コンテンツの作成・管理を容易にするために利用できる仕組みです。この仕組みを利用すれば、HTMLなどの専門知識を有さずとも、サイト上のコンテンツが管理できます。CMSには、無償のものから高価格のものまで、さまざまな製品が存在します。

HTMLによるWebページの作成、更新ごとのファイル転送ソフトなどを使用したアップロードには、それなりの労力・知識が要ります。しかしながら、CMSを利用すれば、ページレイアウトのひな形を選び、テキスト入力を行なって画像を選択すれば、それだけでWebページの公開が可能です。また、CMSなら、HTMLやプログラミングの知識、公開中のサンプルプログラム検索の労力を負担せず、掲示板などのアプリケーションを導入することも可能になります。

各企業が、自社のサイトを持つのが当たり前になりつつある昨今では、「どうせなら、自社のサイトを積極的に更新し、上手に利用したい」と考える企業が増えて来ています。クライアントに情報を更新してもらい、そのような願いを叶えようとするものがCMSなのです。

当サイトでは、「CMS」と呼ばれる仕組みの概要や特徴について、詳しく解説してまいります。これから自社のホームページを開設したいと考えている方などは、是非チェックして、実際のビジネスシーンなどで役立ててみて下さい。